Archive | 2016年05月

ブルーベル・・変わらぬ心

05/29
ソプラノパートナーのみやこさんと、突然の再会から3年の月日が流れました。
約20年の空白を経て、毎週 練習をし、演奏を共にしてきました。

3年前のコンサートで再スタート!

みやこさんのご主人は、転勤のお仕事のため、出会った時から再び離れることを決められていました。
その時期がきて、夏に関東に引っ越すことになりました。。。

先週は、失敗してしまい・・・(アンコールで、キメるところを、スベり続け)


今週は、しっかり挽回!


7月に一緒に演奏予定の‘下関グランドホテル’は、私の演奏活動再出発の場所です。
打ち合わせに行くと、思い出深い景色と、馴染みのスタッフさんとで・・母校のような感じです。



みやこさんとのソプラノデュエットの活動は、そこで一旦 区切りとなります。

共に過ごした時間は、彼女と出会ったイギリス留学時代を振り返り、見つめ直す大切な心の時間でした。
一人では、思い出にフタをしてしまって、日々 目先のことだけを、最優先させて過ごしたでしょう。

イギリス、ロンドン、同じ音楽学校・・声楽を共有しているみやこさんといることで、まるで形状記憶合金のように、
20代のあの頃の記憶と感覚、意識がみるみる蘇り不思議でした。
大きな古時計のような体内時計と、西洋と東洋の良いところを
忘れてはいけないんだな!再確認しました。


5月にイギリスでよく見かける、野生のヒヤシンスの群れ


‘ ブルーベル ’花言葉 深い想い 変わらぬ心

思い出とは、ギフト(天からの贈り物)なのですね きっと







お元気ですか?

05/18
毎日お天気がよくかわり、朝夕気温差がありますね。お変わりありませんか?
先日のテネモスのライヴと講演会は、今までの中で1番すてきでした。スタッフみんなで作ったので‘気持ち’が込められてました。
また、みなさんに会いたいなと、思います。ありがとうございました!

ところで私は時々、お葬式の演奏のお手伝いもさせていただいてます。
音楽で演出すると会場は悲しみの涙でいっぱいになり、また曲で雰囲気を切りかえると、会場は
スッキリした空気に変わります。
最近は、5~10人くらいでする家族葬が増えています。広くてきれいなリビングに家族水入らずで、温泉旅行のような雰囲気の中
行われます。お値段も割安です。私の母に話すと、「お母さんも、そんなひっそりした簡素な家族葬でお願いね!」とのことでした。
前向きだ。

ストーブやソファのあるセレモニーラウンジ


家に咲いたばらの写真をいただきました。
フンワリ~ フンワリヤ~ フンワリエスト!


今、野いちごが、実ってます。
お出かけの際は、帽子などで、熱中症に気をつけて下さいね。











そよ風

05/04
花橘が香ります。



雨、晴れ、晴れ、雨… お天気がくるくる変わる日々ですね。
植物の成長には、雨、晴れ交互が良いのです。そうして、ぐんぐん根を張り新芽が伸びます。
ですが、ウエディングの日のお天気は、今日のような、雨上がり、快晴、そよ風付き!が最高でしょう。
今日の曲は『ふたりの小舟~The water is wide~』スコットランド民謡にしました。
NHK朝のドラマ「マッサン」で、イギリス人の妻エリーも口ずさんでいます。



新婦のお父様の表情は、1番くるくる変わります。
いつもよりややハイテンションで、それを半分隠し、半分緊張のままのパパ(聖堂入り)
→娘とヴァージンロードを一緒に歩むリハーサル時、心温まる幸せを隠しきれない度120%のパパ
→ヴァージンロードの先の新郎との挨拶、新婦の背中を前に押してあげる、気持ちが逆走するパパ
→ふたりの後ろ姿を祭壇まで見届ける…ちょっと落ち着き、我にかえるパパ…

本番、花嫁エスコート任務遂行の立派なパパ、素直に喜ぶパパ…でも
→私が歌う‘キス&ベール’のシーンが終わるとき、どんなパパも 寂しい、 男泣きしたい、 出来ない、 涙ぐむ
→誓約、宣言を終え人生で1番輝いている愛情いっぱいの娘の表情を見て、自分の気持より娘の幸せを思いやる大人なパパ
でも短時間で、普段あり得ない感情がぐるぐるしたため、ぼう然と見送るパパ。。

子を想う親の純粋な愛情は、かけがいのないものですね。
私は、新郎新婦を祝福しつつ、花嫁のお父様の純情に感動してます。「きっともうすぐ幸せなグランパよ~!」


そよ風に泳ぐ鯉 つかまえた☆

 『ふたりの小舟』 スコットランド民謡 訳 山川啓介

果てしなく ひろがる 運命(さだめ)という 海 
あなたと 旅立つの この愛の小舟で

苦しみ 悲しみに さらわれ 流されて
そのたび 深くなる ふたりの絆は

果てしなく ひろがる 運命(さだめ)という 海
行きましょう ただふたり この愛の小舟で
       …いのちの果てまで    







プロフィール

misa

Author:misa
◆宗美佐 -So Misa-

◆英国王立音楽院ICCコース修了。トリニティ音楽学校より日本の歌特別賞を受賞。2009年、オペラ歌手・中丸三千繪氏に師事。読売交響楽団、北九州少年少女合唱団との共演をはじめ、全国各地で演奏活動中。オリジナル曲を含むCD「サクラサク」「白龍馬(バイルンマー)」を発表する等、心に響く歌声を目指す。福岡出身のソプラノ&ソングライター。

◆Web Siteはコチラ↓
Welcome

◆コンサートの様子やオリジナル曲など紹介しています
YouTube

◆オリジナルCDやDVDも販売中!
Shop

◆出演依頼・お問い合わせはコチラからお願い致します↓
メールフォーム

◆ブログランキングに参加してみました!「いいな☆」と思ったらクリックで応援宜しくお願い致します!↓
FC2 Blog Ranking

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR